なぜインプラント治療がよいのでしょう?

1本から数本、あるいは全ての歯を失った場合でも、インプラントは永久的に新しい歯を得る方法として有効です。また、インプラントで支えられた歯は従来の補綴物(入れ歯やブリッジ)と違って以下のような利点があります。

537123185_9acf3b3f9f.jpg自然な歯のような機能や外観や感覚が得られます

自信を持って話し、笑い、食べることができます

快適で、その位置から動きません

隣接する歯を削る必要はありません

「従来の入れ歯やブリッジ(歯と歯に橋をかける治療方法)でもいいんじゃないか」という人がいますが大きな間違いです。インプラント治療が可能であれば、現在の歯科治療のレベルでは(コストを考えなければ)最善の方法なのです。

 

その一番の理由は、他の方法では失われた歯根までは回復できないためです。どんなによく出来た入れ歯でも元々の天然歯のかみ合わせる力の3分の1程度でしかありません。インプラントなら骨に埋まったインプラントが骨としっかり結合しているので、かむ力も天然歯と比べて遜色がありません。