インプラントとはどのようなものなのですか?

虫歯や歯周病で失った歯の根の代わりに体に安全な純チタン製の人工の歯根を骨に埋め込むことにより噛み合わせを回復させるための方法です。
見た目にも自然で、骨の中にしっかりと固定されるので、話がしにくいこともなく硬い食べ物もおいしく食べることができ、また天然の歯とかわらぬ形態で仕上がりますので見た目にも気になりません。

インプラント治療の手術に痛みはありますか?

インプラント手術は、十分な局所麻酔下で行うため、痛みは抜歯と同じ程度でほとんどありません。また、笑気吸入鎮静法を用いて痛みを軽減する麻酔なども行ってますので、ご相談ください。

手術には入院が必要ですか?

入院の必要はありません。むしろ手術後に歯根部が骨と結合するまでの期間(安静期間)の過ごし方のほうが、大切になります。

治療期間はどのくらいですか?

手術自体は数時間で終了し、入院の必要はありません。
術後は経過観察のため通常4〜6ヶ月の通院が必要です。ただし、症状によって治療期間が異なりますので、ご確認ください。

CTスキャンによる精密検査は必要ですか?

一般的なレントゲン検査では、インプラント埋入部位の正確な骨の状態や神経管の位置など正確に把握することが出来ません。 CTスキャンでの精密検査を行うことにより理想的なインプラントの埋入位置や術式などを考慮に入れた最良の治療計画を立てることを可能にします。

一般的にはCTスキャンの精密検査は大学病院、総合病院などに行って検査をしますが、当院では医院内に歯科用CTスキャンを置くことにより、より早く正確な検査結果と最良のインプラント治療が可能になります。

インプラント治療が難しい症例ってあるんですか?

インプラント治療を行うには、最低限インプラントを支える骨が必要です。日本人はもともと顎の骨が細いので、歯周病や歯の根の病気を長く患った後に抜歯されると、その周囲の骨も溶けてなくなっている方が多く、インプラントを支持する骨が無いのが現状です。

そのような場合にはどんな治療法がありますか?

主に骨の再生と骨の移植でインプラントの支持骨を作っています。少量の顎の骨を作るのであれば、インプラントの埋入と同時に再生治療を行えば済みますが、著しく骨が溶けてしまった方の場合、インプラント手術前に骨の移植が必要になる場合もあります。骨の移植の場合は、必ず口の中から採骨します。

保険は適応されますか?

現在、インプラント治療に保険は適用されません。
医療費控除の対象になることもあります。

費用はいくらぐらいですか?

治療内容によって異なりますが、目安としてはインプラント1本につき、40〜50万円程度です。インプラントは適切なアフターケアを行えば、長期に渡って機能しますので、一概に高いとは言い切れないでしょう。

医療費控除の対象になるのですか?

インプラント治療のほとんどの場合、医療費控除の対象になります。
一年間に多額の医療費を原則的には10万円以上支払った人は確定申告をすれば税金が戻ってきます。

インプラント手術をした日から噛めますか?

インプラントの手術直後には、まだ骨とインプラントは結合した状態になっていませんので、インプラントを使った仮歯を使っていただくことは基本的にはできません。非常に条件の良い1本の埋入の場合や総入れ歯の方が総インプラントにする場合に、手術当日よりインプラントを使用した仮歯をお使いいただける場合もあります。

その他の場合については、抜歯後は前後の歯を使った仮歯や入れ歯、抜歯したままの状態で治癒期間を過ごしていただくようになります。症例により治癒期間の過ごし方は異なりますので、ご相談ください。

失った歯の数だけインプラントは必要ですか?

失った歯の数が1・2本の場合には、やはり失った歯の数だけインプラントが必要になります。 3本以上の場合には、骨の条件により、ブリッジタイプで2本の埋入と1本のダミーの歯という場合と3本のインプラントが必要になる場合などその方の条件により異なってきます。

総インプラントにする場合でも最も条件の良い場合では4本のインプラントで充分機能する場合もありますので、詳しくはご相談ください。

インプラントの手術前にしておいた方が良いことは何ですか?

禁煙です。
インプラント治療を行う場合、喫煙はあまりよいことではありません。報告によれば、喫煙者の失敗率は非喫煙者の2〜3倍となっています。
少しでも、長く良い状態でインプラントを使い続けていただきたいので、最低手術前の1週間と手術後の2週間は禁煙をお勧めしています。

できることならば、その後もずっと禁煙していただきたいと考えていますので、まずは、禁煙していくという気持ちを持っていただけると嬉しいです。

また、手術後すぐから、海外出張や激しく体を動かしたりなどあまりハードに体を動かすのは望ましくありません。
その方により、安静期間は異なりますが、お忙しい方はスケジュールの調整も頭の片隅にお入れください。

メインテナンスは必要ですか?

必ず必要です。インプラントの治療が必要になったということは、歯を失う状態になる原因がお口の中に存在するということを示します。そのままの状態では、また同じ原因によりインプラントがこわれてしまう可能性があります。

手術前には、お口の中の環境を安全な状態に整えてから手術を行いますが、もともと人の口の中というのは細菌の非常に多い所なので、定期的なメインテナンスを続けていかないと元の状態に戻ってしまいます。

ご家庭での正しいブラッシングも覚えていただいた上で、その方のケアの状態により2週間ごとの方から1年に1度の方までいろいろな方がいらっしゃいます。メインテナンスを継続することにより、インプラントのもちが良くなるばかりでなく、その他のご自分の歯の予防をすることもできます。ぜひ、面倒がらずにメインテナンスを受けてください。